お知らせ

2016.7.27 ウォークインサイトでポケモンGOの影響を分析(part1)


ウォークインサイトでは、「ポケモンGO」のリリースが店舗前通行量および入店者に与えた影響を数値的に可視化すべく分析を行いました。
(※本分析は東京23区内のポケストップになっているショップAの 6月1日(水)から7月24日(日)の間に収集されたデータを対象としています。)

 

■店舗前を通ったことのない通行者が70%増加

 

< ショップAの通行者(新規)の変化 >

図1

    ※弊社の分析サービスにて使用している「ベイズ構造時系列モデル」を用いて、未リリース時の予測とリリース後の数値変化を比較

 

< ポケモンGOによるショップAの通行者(新規)への影響 >

数値1

 

 

< ショップAの通行者(リピーター)の変化>
図2

 

< ポケモンGOによるショップAの通行者(リピーター)への影響>
数値2

 

 

7月22日(金)午前10時のポケモンGOのリリースにより、ショップAの前を通ったことがある人もない人も共に通行量が多くなっています。これはポケモントレーナーを、普段通らない場所や道に誘っていることを示していると言え、AR(拡張現実)コンテンツ×ポケモンの影響力の大きさがうかがえます。

図3

 

 

■ポケモンGOによる入店者数への影響は限定的

 

< ショップAの入店者の変化 >
図4

 

< ポケモンGOによるショップAの入店者への影響 >
数値3

 

 

一方、入店者に関してはポケモンGOリリース前と比較して減少(-2.2%)という結果となりました。ショップAはポケモンGOに関連した企画は実施していないこともあり、特段効果は認められなかったと言えます。

 

ポケストップとなっている店舗や、ポケモンGOのリリース後に通行量が増加しているエリアにある店舗は、店舗の業種・業態によっては何の施策もない場合、通行量の増加による入店の効果がほとんど認められないことが分かるため、ポケモンGOに関係するようなプロモーションやイベントを実施することは意味のあることだと思われます。

 

■リリース前後における時系列での変化

ポケモンGOのリリースにより街の人々の通行量には明らかに変動が見られましたが、実際日本での配信開始が広まるにつれ、どのような変化があったのでしょうか。ウォークインサイトで時系列の傾向を確認してみました。
時系列分析では弊社センサーが設置されている店舗の内、路面店26ヵ所とショッピングモールなどの施設内店舗26ヵ所を抜粋しそれぞれ分析を行いました。

 

< リリース前と後(3日間)の通行者の変化:路面店 >
路面店

 

路面店のショップにおける通行者を見ると、グラフのカーブ自体はリリース前後共に同様の形を描いているものの、リリース後(3日間)は通行者が明らかに増加していることが見て取れます。リリース前の通行者は平均して519人(毎時)でしたが、リリース後は679人まで増加しました。

 

< リリース前と後(3日間)の通行者の変化:ショッピングモールなど >
ショッピングモール

 

ショッピングモールなどにおける通行者も、グラフのトレンド自体は同様でした。しかしながらリリース前は平均して310人(毎時)でしたが、リリース後は371人(毎時)と、通行者が増加しています。

 

弊社ではリアル店舗の顧客傾向分析サービス「ウォークインサイト(WALK INSIGHTS)」を通し、導入店舗様の課題解決に取り組んでおります。またポケモンGOをはじめとする通行量・訪問率・滞在時間等の分析につきましてもお客様のご要望に応じ柔軟に対応いたしておりますので、お気軽にご相談ください。

7月 27, 2016